両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

見てと魅せる  


そんなに匂いさせて

そんなに開いて


照れる顔は見せないから

突き出したソコを見つめよう


よく見えるように


そっと近づき指で押し広げる





視て欲しかったくせに


「視ないで・・・」


待ってたくせに


「やめて・・・」



顔なんて視なくても


色づく花びらから


聞こえる声が


零れ落ちる露が


もっとと言う



でも隠したその顔は


さらに貴方を感じさせるはず


潤んだその目は


心の奥を見つめてる







スポンサーサイト

category: 言霊 かい

tb: 0   cm: 0

誇り  

私はたくさん想われていると思う

私はたくさん想ってると思う




私たちは主従じゃない

恋人同士でもない

都合のいい関係でもない


私にとってあの人は「想い人」

あの人にとって私は「想い人」

それ以下でも以上でもない



あの人しか見えなくて

あの人でしか感じない


2人の距離は500km


仕事での行き来もない


逢える機会は・・・・



信じる事だけで繋がる関係


そんな不安定さが

お互いの存在を優しくさせる



とても大切だから



日々のやり取りの一つ一つを

丁寧にさせる



そしてその心の距離と


実際の距離と


思いやる気持ちがあるから


深く想いを寄せ


創造する力が生まれ


触れ合わずとも交われる




そんな繋がりが

私の誇り

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

逢瀬  



貴方の言葉


貴方が見た景色



辿る


一文字一文字


想う


そこに何をみたか



少しずつ


近づく


迷いながら


手探りしながら



奥に光る一点の輝き


見付けた



貴方と同じ風景を見る


創造の世界


2人の逢瀬



今宵も


貴方が描いた


詩を読む



何を感じ


何を求めてるか

蒼く輝く月の光りが作る




知りたい


近づきたい


本当に貴方に逢う日のために

category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

夏の終わりに  




しがみつく


夕焼けにしがみつく


あなたにしがみつく


空に涙色の花


夏の風が


香りが


ながれゆく




花びらから


零れる雫


穏やかな温もり


頬を濡らし


指先から滴る




新しい匂いの風


髪を撫で


背中を押す

category: 言霊 かい

tb: 0   cm: 0

宝物  

あの人に教わった



自分から心開くこと


寄り添うこと


与えられると溢れること


見えないものを信じること


1人の人を想うこと


想いは対等であること

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

痛み  

沁み込む


心の痛みを想い出す


隠し続けた涙を想い出す


もっと痛く苦しく


涙する


流した涙がすべてを洗い流してくれる



痛がる顔


苦しむ顔


歪む顔


涙する顔


貴方にしか見せられない


だからもっと視て欲しい


その躯と心の痛みはやがて


子宮に到達する





category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

夏の匂い  




車に乗り込む


小さなサーフボードから


夏の匂いが立ちのぼる



ミラーを見る


そこに映る 夏の夜


貴方の顔としがみつく私の背中



恥ずかしく


ミラーから目をそらす


日差しが眩しい



少し開いた窓から外の気配


はしゃぐ子供の声


通り過ぎる車の音


微かに聞こえる


私の声  貴方の声に


思わず耳を澄ます



エンジンをかけ走らせる


あの時と同じ


ボニー・ピンクが流れ始め


ミラーの中で濡れてゆく

category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

ペルセウスに導かれ  

二つの地点の距離は500km


淡々と先行車を追い越す



今どの辺りだろう


あ・・・月が沈む


赤い月  きれいだなぁ



日常を忘れ


空っぽの頭で


ライトがただ流れていく


目的地さえもおぼろげで


お互いに近づく距離


このまま・・・・・


いつまでも走っていたかった







category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

  

蒼穹の蒼


碧海の碧


あの人が蒼ならば


私は碧になろう



どんな感情もどんな欲望も


受け入れ  


赦す


循環させ浄化しあう



憧れる空


高く・・・さらに高くなりますように


母なる海


深く・・・より深くなれますように





category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

目を瞑る  

陵辱された後


鞭痕を撫でながら


目を瞑りゆっくりと反芻する



そうするとその時には気付かなかった


感情や感覚が見えてくる



画や風景、写真、音楽・・・

観て聴いて覚えたら

目を瞑り  感じる


何の画だとか


何の音だとか


そういうことは関係なくて


ただ感じる




目を瞑ることが大事


本当に大切なことは


見えないところにある



category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

一歩ずつ  

少しずつ

貴方に出会った事に

価値がついてゆく



価値をつけるために


がんばろうと思うこと


それも価値



そして夢が叶う時


大きな共有





category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

秘めた想い  









伝えたい相手がいる悦び



伝えてくれる悦び



自然に



素直に



伝えたい



そう思う





でも



言葉にできない



秘めた想いが



自分を支えることもある





口に出さず



自分で磨く



どこまでも透明に





誰にも見えない場所で咲く



自分の心の中だけで咲く



そんな花があってもいい



そんな想いを大切にしたい

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

逢魔が刻  








黄昏時


光から影への移行


ざわつく心に陶酔していく


余計なものを一枚ずつ脱ぎ捨て


ありのままの姿になる


心を晒け


姿を晒し


貴方に欲情する姿を視て欲しい


貴方に支配された姿を視て欲しい




被虐がさらに深淵へと向かわせ


陵辱で追い詰められた心が


開放される時


心が自由になる


開放され


逝き続ける私


私が知っている最高に厭らしい私


まだ貴方に魅せていない姿

貴方になら魅せたいと思う私


私が知らないもっと厭らしい私



今から始まる


光が創る影のステージ

category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

憧憬  





ある夕方


草原に座る


風が渡る



時間を忘れ


草原を眺める


同化していく



ふと気付くと


貴方の気配


いつの間に入ってきたの?




触れもせず


何も言わず


二人でただ


草原に居る







category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

両岸の二人  





川の両岸を二人で歩く


橋がない  


でも一緒に歩く


時折橋を作り渡る 

 

同じ岸も歩ける


二人で反対岸へ


渡ることもある


両岸を別々に歩いても


心の手が繋がっている


だから岸の距離は


あるようでなかったり




             大好きな詩



             私の理想


             忘れないように










category: 言霊 かい

tb: 0   cm: 0

薔薇は咲く  



※薔薇画像じゃないけど



自らに荊の在る事を知った

触れたもの皆傷つける

愛しい人さえも

荊は容赦なく襲った


自身は何方を愛しても

愛されても

それは禁忌なのだと知った


怒りの矛先は

彼方に触れる事すら

出来ぬこの身を

呪う他に無かった


それでも彼方は

愛してくれようとする


苦しかった

切なかった

自身を皮肉った

呪った

傷つけた


姿を見られない今も

離れてしまった今も

忘れる事出来ずに

深く深く愛している


傷つけた痛みは

傷つけた痕は

流れた紅い涙は

自身を染め上げた


何時か

叶う刻が

来るのではないかと


想えば想う程

溢れ出ては

滴り落ち


穢れなき祈りが


自らを

美しく香らせた


逢いたい

一目だけでも


私を見つけてください


遠くから

見守っていてください


触れられぬこの身を

呪ってください


この荊の身から

何が零れ落ちるでしょう


穢れを知らぬ

純粋な想いは

自身を真っ白に変えた


温もりを知らぬ

流した紅い涙は

自身を真赤に変えた


かぐわしいその芳香は

皆を魅了させた


触れられないのは

判っているから


何処に居ても

彼方に

見つけてもらえる様に

微笑んでもらえる様に


失うものの無い

その強さと美しさは

彼方への愛は・・・


荊を纏い

今も可憐に咲き誇る

薔薇の話




▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




自戒の念を込めて

忘れないように


離れても

忘れないように

category: 言霊 かい

tb: 0   cm: 0

凛として  

何も纏わず


ありのままで


ひっそりと


でも


まっすぐに



一つの想いが芯になる


ただまっすぐに前を見て









category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。