両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新しいプラグ  

閑話休題



今まで毎日挿れていたプラグはこれ

090227_003307.jpg








離れてるのでネットで探しながら

サイズ確かめながら

無理のないものを選びました



初めてのプラグにドキドキで

そこに在るのがとても嬉しい毎日でした

小さいけれど

抜けばアナ・ルはふわふわで

ふわふわに触れると

ほんわかした気分になります



甘いな

ってことで

今回買ったのはこれ


20299_2_280_280.jpg







いきなりのサイズUPに私びっくり

が本来チャレンジャーな私

やってやろうじゃないか



初めて入れるとき

ローションが必要



一番太いところで4cm

ここを通る時が正直キツイ



そこを過ぎればヌルリっと入る瞬間は

声が漏れるほどに感じ

一気に濡れ

その後しばらくは動けないほどに

前がヒクヒクします



若干抜けそうなこともあり

ぎゅってしてないといけない

ぎゅってしてれば前も締まり

気持ちいい



何よりも圧倒的な存在感

なんだかしおらしくなる・笑



アナ・ルの快感は・・・

他の人はわからないけど

アナ・ルに入れるとアナル自体の気持ちよさに加え

前が強烈にヒクヒクするんですね

前に入れたときは前だけ・・・・

(いや、いまじゃアナ・ルもヒクヒクになる気がしますが・・・)

アナ・ルに入れることで

いっぺんに二ヶ所気持ちいい状態なんですねぇ



いわゆるGスポ・トを刺激する気持ちよさと

でもなんといっても

子宮を揺らす感覚の浮遊感が

アナ・ルの特徴かなと思います



どこがどうというんじゃなく

躯全体がうわって浮き上がる感じ



加えて

背徳や羞恥



もう堪りません(*/∇\*)キャ♪




日中は大きいプラグで刺激的に

寝る時は小さいプラグで幸せに包まれ

丸くなって眠ります






スポンサーサイト

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

どちらにしろアナル  

ホテルに入りフェ・ラをする



実はちょっと苦手 (ノ_・。)

気持ちよくなってもらいたいって

がんばっちゃうんだろうか

優しさがないらしい・笑



逢いたくて触れたくて舐めたくてしょうがないのに

しっくりこず

かなり凹んだ



アナ・ルを舐める

大好き

愛しくて愛しくて

理屈じゃなくて

ただ愛しくて

いくらでも舐めていたい

汚れていればいるほど愛しく

すべてを舐めとってあげたいと思う



いろんな風に舐めたいと思うのに

どうしても態勢が苦しくて

うまくいかない歯がゆさ

そのうち戒さんのかっこうのほうが

よっぽど羞恥プレイになってましたが・・・(*/∇\*)キャ♪



跨り舐める

これなら思う存分(*/∇\*)キャ♪



あら終了?

ずっとでもいいのに・・・



初めて足指を舐めた時

屈辱的だからじゃなくて

自分の足指舐めてる気がした

自分の足指も同じように感じてた

きっと戒さんもきもちいいはずだっていう

確信があり

そのシンクロに感動し

嬉しくてずっと舐めていたかった



足指もアナ・ルを舐めるのも

自分がアナ・ルでとても感じることを知ったときも

自分でびっくりで

そんな自分が恥ずかしかった



戒さんの奇麗な部分はみんなに見せたらいい

誇り高くかっこいい戒さん

思いやりあり優しい戒さんは

みんなに見せびらかしたい



でも汚い部分穢れた部分

欲望や生き辛さ感じる感情は

私だけにとっておいて欲しい

私がすべてを吸収してあげたい

すべて取り込んで

抱きしめて

浄化してあげる



そしてそれがもっともっとと

晒したい気持ち

晒して欲しい気持ちへと膨らんでいく



アナ・ルを犯されると

堪らない支配感

アナ・ルで感じられる躯を作ってくれたのも戒さん



こんなにアナ・ルで感じるんだ・・・変態

その言葉に酔い逝きそうになる



情けなさ・背徳・羞恥・支配



戒さんの涎が口の中に垂らされる

うれしい

飲みこむと躯の中に染み渡る

私の血や体液と戒さんのが混ざり合う




もう逝くの?俺が逝ってないのに?



もう頭グチャグチャの中

逝っちゃダメと言われれば逝きたくなる



「ほら、おいで」



う・・・

もうダメ・・・

魔法の呪文みたいに

おいでにつられあっけなく逝ってしまう



支配される悦びに満たされながら



category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

浮浪者に見られながら  

某公園



ホームレスの方たちが

普通にたくさん住んで?いる、大きな公園



「このへんにしようか」



へ?!(ノ゚ο゚)ノ



「えっと・・・普通にそこらじゅうに人がいるよ」



スルーされてます (ノ_・。)



ほんとに普通にそこかしこに人が寝転んでる

そんな真ん中で

戒さんのを咥える

二度目は途中まででギブアップ

悔しい



人が居る真ん中での恥ずかしさが

異様な陶酔感を誘う

傍からみればフェラしてるとしか見えないんだろうな



ホームレスだけじゃなく

普通に普通の人の往来もある



ベンチに並んで座る

外灯でそこそこ明るい

足を開いて

ストッキングのクロッチ部分をライターで焼き破り

ノーパンのアソコがあらわになる



「おしっこ出して」



たくさん練習してきた

綿棒で尿道口を刺激し拡張もして

その刺激でおしっこがでるようになってる



鏡の前で足を開き

綿棒で拡張し

下にオムツを敷いておしっこする



お風呂ではいつもの犬しょんに加え

洗面器への放尿



気持ちいいとおしっこが出るように

条件反射



う・・・・恥ずかしい

でもいっぱい練習したし

見て欲しい

どうしよう・・・



戒さんが綿棒を取り出し

私の尿道口を刺激する



あ・・・出るよ・・・出るよ



ベンチに座り股広げ

おしっこおもらし

情けなさと背徳



後は人が通り過ぎていく



戒さんが膣に指を入れ

掻き出すように動かす

目の前に自分のお漏らしと

戒さんの手がびしょびしょに濡れる様子

恥ずかしくて

でも、躊躇せずおしっこの中に

手を入れる様子を見ていたら

なんだかすごく感動



そして排尿と快感の連動

おしっこするのが気持ちいい



いつも1人なのに

今日は側にみてもらえるうれしさ恥ずかしさ



そのうちさっき後を通った若いグループが

こちらに気付いて戻ってきた様子



顔が上げられない

「怖いよ、恥ずかしいよ」

戒さんの影に隠れるように

そんな中でもやはり感じてしまう



もっと余裕あれば

第3者に見てもらい

その羞恥を刺激に変えることもできる



全く余裕の無い今回だったけど

きっといろいろ広がりそうな気配



いつもは1人

段取りも自分で

人の気配すればびくびくし

でも今日は戒さんにすべてお任せ

大きな安心感

どんな目で見られても

側には戒さんが居てくれる



性的なことだけじゃない

普段からきめ細かく私の気持ちを汲んでくれる

言いにくい感情も引き出そうとしてくれる

ありのままの私を

いつも見つめていてくれる



とても大きな愛情に包まれてる


category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

恥ずかしい買い物  

初めて入ったアダルトショップ

普段の私なら

いくらでも平気で買い物できるのに

すっかり恥ずかしい塊になってるから

視るものすべてが恥ずかしく

戒さんの顔が見れない



それでも2人で選べるのがうれしくて

からかわれるのも楽しくて

夢のような時間



今毎日入れてるプラグの次のを物色していたら

いきなり飛躍した太さを手に取る戒さん

そんな平然とした顔で・・・・ ( ;^_^A

まじっすか?? ( ;^_^A



はい

まじでした



なんだかんだと言いながら

ふと戒さんが手に取るのは

「ボールギャグ」

しかも口だけじゃなく

頭とあごにもベルトがまわるもの



あ・・・・無理・・・・と思う反面

晒したい憧れも



毎日毎日戒さんと話すうち

戒さんとなら・・・という気持ち

奇麗事な関係ではいたくない

全部脱ぎ捨てたい

っていう想いが強くなっていっていた



SM自体が戒さんとが初めてで

出会ってからすべてが初めてで

それがとてもうれしいのです



レジでは恒例の呟きを・・・・

させるのを戒さんは忘れてたらしく

戒さん自らレジへ行き

逆羞恥プレイとなりました




category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

電車内と念願の・・・  

「久しぶり」



そう挨拶してるときも

前回の双頭おちんちん姿の恥ずかしさ浮かび

とても恥ずかしい



電車に乗り

隣りやや後方に立つ

戒さんの日常の中に存在することが

とてもうれしかったり

照れくさかったり



揺れる電車に戒さんの袖を持つ

戒さんの手はスカートの上から私の股間に・・・

体は重なってるとはいえ

ぴったりくっついてるわけじゃないし

きっとそこらじゅうから見えてる



前に座る人の視線を感じ

少しずつ後へ下がる私

恥ずかしい

恥ずかしければ恥ずかしいほど

感じてしまうんだから

これはまたしょうがない・笑

弄られるのはほんのちょっとの振動

振動で感じるというより

恥ずかしさに感じ

顔は下を向く



ふと左を見ると

じっと見つめる目と目が合う

ほんとは視ていないのかもしれない

でもものすごい自意識で

周り中から視線を感じる



それでもどこかで

もっと見せ付けたいわたしがいる



電車を降り

駅近くの飲み屋街を歩く

戒さんが

「おしっこしたいな。」

といい場所を探す



ふと目に付いたのが

ビルとビルの間の凹み

ちょうど人が1人入れるくらいのスペース



「凜、そこ入って」

「え・・・人が通るよ」

「ほら、早く」



その凹みに入り

通りの方へ体を向けしゃがむ

戒さんが近寄る

外からは戒さんの背中だけが見え

私の姿は見えない



ファスナーを開け

私が咥える



唇に伝わる

わずかな振動

口内に溢れるおしっこ

ごくごくと・・・・とはいかないけど

加減してくれながら

戒さんは途中何度も

「大丈夫?」と聞いてくれる

うん、大丈夫



全部飲むことが出来た

飛びつきたいほどうれしかった



戒さんの何もかも

すべて飲み込みたい

前回もそんな気持ちあったのに

うまくできなくて、悔しくて・・・

次は絶対に飲んでみせる!って思い

いっぱい練習してきた・笑

水をごくごく飲む練習・笑



その後戒さんに弄られる

もう堪らない

でも声も出せない



普通の道路で

弄られ感じる私

そんな状況が羞恥と背徳を煽り

どんどん感じる

感じるほどに恥ずかしく

恥ずかしさで下を向く



こちらの姿は見えなくても

戒さんの向こうは

普通に人が通る明るい道

人の声もする



「はい、ここまでね」



慌てて衣服を整え

髪をなおし、歩き出す

明るくて顔を視られるのが恥ずかしい



目的のアダルトショップに向かう



category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

花夢  

20090423143353
夢恋し
濡れた唇
肌に触れ
花の姿を
しばしとどめむ


夢見し
濡れた芯
唇で触れ
花の姿を
しばし眺める





夢恋し
濡らす指
止水に零し
花の姿は
波紋に揺れる

夢見し
深き眸
瞼閉じれば
花の姿は
明鏡に映る


category: 言霊 かい&凜

tb: 0   cm: 0

逢える嬉しさ  

逢える日が決まると

嬉しいのとホッとしたので

毎晩惚けてました・笑



逢う想像したら、嬉しすぎて泣いてるし・爆

今回はすごくすごくいろいろがんばって鍛錬したので

逢ってみてもらうことが

うれしくてたまらない



普段、指示を実行しながら

気付く嬉しさや楽しさ

できないときはなんでだろ・・・

指示され実行し

それがいつの間にか目的になっていたりする



ほんとは逢う日のために

やってることなのに



逢えるってなると

練習したこと見て欲しい気持ち

1人で、じゃないって気持ち

段取りとかいろいろ気を張らず

任せられる安心感

そゆのがイメージでき、ほわ~んとした感じ



かたや

実行すれば、臨場感あり

恥ずかしさもりもり・笑

普段の臨場感たりないなぁと反省もしてみたり



そんなこんなで出発のときとなる



指示された姿は

双頭を入れU字に手前に曲げ

ノーパンでストッキングで双頭を押さえる

おちんちんみたいにするってことですね



前回初めてその姿で戒さんの前に立ち

あまりの恥ずかしさにしゃがんでしまったこと思い出す

もちろん戒さんの狙いはそこ



姿見見ながら着替えるだけで

自分の躯が厭らしく

双頭入れるころには濡れ濡れで

おまけにおま○こまわりには

「かいさん診察待ち」とマジックで書く



う・・・もうダメ・・・(o _ _)oばたっ



空港のセキュリティでは荷物のチェックにドキドキし

だって・・・シースルーじゃない?あれって

ごろごろの中にはディルドとか入ってるし・・・



きっと中身が透けて見えてる (ノ_・。)



躯のチェックだって

もしブザーでもなれば

もしちょっと手が触れたりすれば

妙なもっこりがあるのはすぐばれちゃうんだよね



と思いながらも

ばれること期待してたり・・・

問い詰められどう使うのか説明させられたり

厭らしいと罵られ蔑まれる想像してたら

すっかり陶酔状態になりうろうろ・笑



双頭を入れたアソコは

座れば奥深くを刺激し

なにもしなくても

周期的にヒク・・・ヒク・・・ヒク・・・ヒク・・・

と疼いている



待ち合わせの場所で

戒さんをみつけ

ホッとする



深く深く繋がる12時間の始まり



category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

逢瀬  

逢ってきました



またまた3ヶ月ぶりになりました



しばらく逢瀬について書くつもりですが

3ヶ月の間に鍛錬したことを

実際に逢って植えつけ

また次に繋げる



この3ヶ月の間の指示と実行を先に書いておきたいんですが

追いつかず・・・・



とりあえず目次など・・・笑





1・逢えるうれしさ



2.電車内と念願の・・・・



3.恥ずかしい買い物



4.浮浪者に見られながら



5.どちらにしろアナル



6.鞭



7.フェラでお目覚め



8.立ちしょん



9.屈辱



10.伝えたいこと




盛りだくさんでした^^



どん底に落とされました~^^



愛してます













category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

花雫  

t02200165_0640048010165449022.jpg



逢えぬ根の
花への想い
恩を知り
小袖は濡らさん
笑顔の契り


葉濡らさん
涙に見える
花しずく
小袖で覆う
花の口づけ





根の想い
触れるうれしさ
零れ落ち
小袖も染める
花びらの色

花濡らさん
雪となる風
乱されて
儚き想い
悠久の光

舞い上がる
花の嵐の
最中には
燃やす命の
尊さを知る


category: 言霊 かい&凜

tb: 0   cm: 0

凜という性器  


またまた溜まってきました「牝犬日記」



去年の4月に戒さんと少しずつ話し始め

初めて逢ったのが6月



おそらくそれ以来

毎日指示を受け、実行してきたんじゃないかと思います。



今までに6回逢いました。

多いのか少ないのかはわかりませんが

逢えない日々に鍛錬を重ね

逢えた時に確定する



そしてまた積み重ねる



初めはただ楽しくて

夢中で実行していましたが

だんだんと意図するところが見えてきて

一つの指示を実行するたびに

戒さんの想いや

伝えたい内容がよく見えるようになりました



躯と心の連動

当初点だったものが

ここ最近で急に網目のように絡み合い

一つのきっかけで

今までの経験が躯の奥から

ワッと湧き上がり

すぐにトランス状態に入っていく



以前は戒さんからの陵辱メールに反応していた心と躯は

今や着信あった時点で反応します

反応が自覚できる時は

もうびしょびしょな状態



今は自覚ないときも

いつも濡れているようです



そして

ヒクつく膣や

ふっくらとしてくるラビア

クリトリスが膨らんでいく様子や

尿道口がぱっくりと口を開けていく様子が

頭に浮かぶ




最近は排尿・排泄と快感の連動の鍛錬

少しずつ拡張しているアナル

同じく尿道口




「2人で創る、凜という性器」





ようやくまたもや3ヶ月ぶりに逢う日が決まりました

実際に触れられるうれしさを思うと

涙が出てきます

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

照月の下  

20090409095859
散る花に
想い重ねて
儚きと
君は知らずと
またの逢瀬を


咲く花は
想い重ねて
一輪と
君知らずとも
樹下にまた


   戒



注がれる
想い留めて
持して咲く
日毎一輪
咲き濡れる花


   凜

category: 言霊 かい&凜

tb: 0   cm: 0

疼々と積み重ね  

かいさんの陵辱メールは半端じゃない・笑



端正な言葉に散りばめられた卑猥極まりない言葉




これでもかと徹底的に堕とす時は



実際の鞭や浣腸などと同じくらいに



再起不能になりそになる・笑




それでもほとんどの場合



ぐしょぐしょに濡らすだけ濡らされて



逝くことは禁止



触れることもない




ヒクヒクと疼々と



欲しい欲しいと求めるだけ求めさせておいて



お預け




そんな日が何日も続く




始まったころは我慢できず大変でした~ ( ;^_^A



今はいくらでも我慢できます



我慢は我慢だけど



ヒクヒクと疼いてる間中



かいさんを感じることが出来るうれしさ^^



躯中で心でかいさんを感じる時間





常にそんな状態を内包しているので



普通のメールが来ても、突然スイッチ入る始末・笑



鼓動とともに血が巡り



その血にかいさんの鼓動が宿る



中から湧き上がる快感



そしてまた逝かず





そうこうしてるうちに



私の躯はここにきて



とっても変化してることに気付く

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。