両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

陶酔  

20090630195912.jpg



耳元で甦る

見える声

聞こえる熱さ


虚ろな瞳

涎溜め

腰が揺れる


景色が回る

心が震える



スポンサーサイト

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

まるでここに居るかのように  

かいさんのところへ向かうのは

最近はいつも飛行機です

当日は朝からバタバタと仕事をこなし

抜かりの無いように

神経を張り巡らせます


ようやく終わり出る準備

かいさんの指示通りの姿になり

報告メール

家を出るときに再びメール

空港着いてメール

到着してメール


その間かいさんも

常に気を配ってくれます

慌てないで

気をつけて

今頃○○あたりかな?

もう着いたかな?



そのタイミングが

まるでどこかから見ているように

ピッタリです^^


今から逢える嬉しさと相まって

本当に幸せな刻


反対に別れる時は

大概はどこかの駅で

私が先に電車に乗ります


淋しさでいっぱいの中

すぐにメールをくれます


空港に着くころにまたメール

もう着いたかな?

お昼食べてるころかな?

気をつけて

着いたらメールするんだよ



帰る道中・・・・・

ずっとメールをくれます


そのどれもがまさにその時間

時間の計算すれば

今頃は・・・・ってわかるのかもしれないけど



私を想いメールを打つ姿を想像すると

ありがたさで胸がいっぱいになります


淋しがることが相手が喜ぶことじゃない

同じ想うなら

別れる淋しさじゃなく

逢えた悦びを感じて

また逢える日のために

また積み重ねることが

お互いにとって悦びとなる


わかってはいるんだけど

そう思えば思うほど

感謝と淋しさとで涙が止まらなくなる

毎回の帰り道



そんな私を支えてくれるのは

「いつも側に居るよ」

「2人はいつも同じ想い 1人だけはないよ」

の言葉と


「躯重ねるは至上の時  想い重ねるは至高の時」


っていうかいさんの教え

(宗教かよっ!)


あとは私の根性・笑


側にを感じすぎて

常にヌレヌレ・ヒクヒクなのが堪らないのです (〃∇〃)





category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 2

幸せな風景  

仕事の合間に街の中・・・路地裏をうろうろ

ふーん
こんなところがあるんだ

今度かいさんが来た時には
飲んでぶらぶらしながら露出するにはいい場所かなぁ^^


ビル陰やビルの隙間を眺めたり
覗き込んでみては
前回の逢瀬の出来事を思い出す

そこに写る二人を見ては
恥ずかしさが溢れ
嬉しさが溢れ
濡れだしヒクついてくる

今も隣りにかいさんがいるように
隣りを見ては、ふふって笑う

恥ずかしがる私を見て楽しむかいさん
そんなかいさんを見るのが嬉しい私

ビルの間に小さな神社を発見



人影はないけど
周り中誰か住んでそうなビルだから
とってもどきどき


1人だとね
どうしても人目が気になります
かいさんんがいれば
悦びに変わる


先週はちょっと足を伸ばし某所古刹へ
神社とか教会とか
聖なる場所?みたいなところへ行くと
なんかやらかしたくなる・笑


はっきり言えば
かいさんに犯されたいのですが^^


街を歩く時も
雑貨屋さんや100均ショップへ行ったときも
見るものがすべてかいさんに繋がります

かいさんを想いながら
かいさんの想いを感じながら
日々過ごせる悦び


ありがと^^







category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 3

祝・卒業  

浣腸する




我慢の時スティックで栓しながら




ゆっくり出し入れする




最初は普通




でも、「したい」感が高まってくると




膣をぎゅってするのもめちゃめちゃ気持ちいいし




スティックを入れると




もう堪らなく気持ちいい





排泄の時




ムビ撮ることになっている




写るのは顔だったり・・・




伝えるのは「音」ですから




ムビがあることでかいさんの視線をものすごく感じ




排泄がとても恥ずかしくなる



恥ずかしくなればなるほどまた感じる




浣腸すると躯がとても敏感になるみたい



おしっこ出るのがさらに感じる




部屋戻りコンドームに蒼珠



最初はお尻に



最初は大丈夫なんだけど



最後はいつもいくつかがドロドロって具合に出てくる



3回ともそうだった




その後



前に17個詰めてからお尻に詰め始めると



すぐにいっぱいな感じで気持ちいい




オムツ敷き産み出す



前から先に二つ出た



その後お尻から一個ずつ



やはり最後はいくつかが続けてぽろぽろと出てきた




両方で産み出す行為が情けなく



とても恥ずかしかった



でもやってる時は必死かも・笑




アナルでいろんな感触確かめ



一応一旦「卒業」となりました^^



うれしいような、淋しいような・・・



と言っていたら



かいさんから



「オマンコにも感動を与えておきたいからね



一通りすんだら



3つの穴で復習し、再活性化もしなきゃ



全部が感度最高で私を受け入れる



厭かな?」




あうぅ



もうこの言葉で逝きそうでした~(*´Д`)=з




category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

たまには失敗もあるさ  

やろうと思うときからヒクヒクはよかったけど



う○ちしたい感あるままに始めた




まずはお尻だけ詰めていく



産もうとしたらなんかう○ちしたいし




何度かトライするけどなかなか産めない



う○ちしたいみたい



もう一旦止めよう



次は浣腸してからに







蒼珠をコンドームごと引き出していく



したら最後にちっこいう○ち出たし(´□`。)



もう情けないし(ノ_・。)



かいさーん・°・(ノД`)・°・



トイレ行ってう○ちしてきた・°・(ノД`)・°・


以上



ほとんどかいさんあてメールそのまま・・・でした



羞恥プレイなり

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

蒼珠恐るべし  

かいさんからの指示は



「逢うときに向けてラビアにクリップ付けて



アナル弄りと腰振りなさい



コンドーム君まだあるなら



蒼珠をいっぱい詰めて出し入れなさい



縦に並べるだけでもいいよ」





さっそくやってみる



即行動が凜ちゃんの骨頂です(* ̄Oノ ̄*)



お約束の鏡の前で



コンドームをアナルにあてがうことがすでに恥ずかしい



なんて格好してるんだろ




一つずつ挿れていく



最初はなんてことない



・・・・がある程度まで入れると



急にお腹側の壁が気持ちよくなる



うぅぅ・・・・かいさん・・・・




でもさらにがんばる



がんばるのも凜ちゃんの信条 ( ;^_^A




もう堪らない



さてここから出すのね




最初は無理に引っ張り出そうとしてしまい



無理すればするほど



アナルはきつく締まり出てこない




呼吸を深くして



それにあわせる



吐いたときに生み出すつもりで



一つ・・・また一つ



思いがけないときに



ポロッと出てくるので



その度に声が出てしまう



最後はポロポロと零れだすように出てくる



思わず



あぁぁ



本気の声が出ちゃいました(*/∇\*)キャ♪




そのほかにスティックもやってみて



感触の違いを確かめる




ずっと硬めの張り型で鍛錬していたので



柔らかめのシリコンのプニプニとした感触が心地いい



アナルの中もとても柔らかくなった気がする




かいさんからは次の指示



「もう一度やりますか



繰り返し何度か



最後はオマンコに満タンにしてからもいいね



ウンコ座りしてアナル遊びして



埋め戻したら産卵してみなさい



どっちが先に産み落とせるだろう」



やりました・笑



報告は次回に




category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

今更知ったこと  

かいさんと始まって1年



これからも・・・



死ぬまで一緒に歩いていきたいと思ってる



いろんな想いを積み重ねてきた1年




絶大な信頼を寄せているし



もちろん私に対して同じ気持ちだと想ってる




こんな私たちですが



今まで本名を知らなかった~・笑




知る必要もなかったし



知ることがいいことなのかもよくわからなかった




で、さっき知りました・笑




最近出会ったばかりな人たちみたいに



感想を述べたりして・・・笑



妙に恥ずかしかったりして^^




うふふ


category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

愛する時間  

やっと逢える日が見えてきました



といっても、まだ1カ月近く先の話し



毎日、もちろんまた逢えると思っているし



逢う日のために鍛錬し



経験を共有し膨らませているんですが



やはり実際に逢える日が決まってくると



嬉しさに涙が出ます・笑




いっぱいお話しがしたい



ご飯も食べたい



飲んだくれたい(飲めませんが・笑)



厭らしいこともいっぱいしたい



あんなことこんなこと・・・・



でもほんとは



何も話さなくても



何もしなくても



ただ一緒に眠るだけでいいんです




でも限られた時間・・・・・




だからこそ



1回1回の逢瀬の一瞬まで



すべてを大事に



すべてを刻もうとします




忙しい毎日



あっという間に流れる月日



そんな中で



大切に大切に一瞬一瞬を愛する時間の流れ



時間の流れが違う空間





2人で創ってきた心と躯が



何を感じるのか



私は何を見ることができるのか





あと1ヶ月弱



楽しみにわくわくしながら過ごしたいと思います^^

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 4

禁断の・・・?  

私たちはスカトロは趣味じゃありません



したいわけでもありません



普段は汚いのも臭いのも嫌いです




でも・・・・・



舐めたいのです



かいさんのものならすべてを



汚ければ汚いほど



そしてかいさんもそんな姿を見たくなってきたって言ってました




かいさんはいろんな方向から



文字で私を刺激し



私が何に感じるか



どんな状況に感じるかなど



日々探っています




かいさんの投げかける状況に対しての



私の返信メールの中で



気持ちの揺れや躯の快感の度合いをみています




そんな中で自然と私の願望や



感じるポイントに気付いてきました



そして・・・・



自分のタブーの少なさに驚いています・笑




かいさんと出会う前は考えられなかったことも



今では快感に変わっています



かいさんにとっての初体験もあります




もっとも無理だと思っていた排泄関係も



今は見てもらいたい



死ぬほど恥ずかしいんです



それでも、見たいと言うならみせたいし



私自身も見てもらいたいのです




そして・・・・



かいさんの排泄物を口にしたい



それは決して、無理やりでもなければ



忠誠心の証明とかそういう意味じゃありません



ただ愛しい



すべてが愛しいから





実際できるかは別にして



そんな姿を想像するだけで



濡れ、ヒクつきます




くれぐれも言いますが



2人ともスカトロしたいわけじゃないんです



でも



すべてを飲み込みたい



どこまでも受け入れたい



そんな私がここに居るのです

















category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

月には月のよさ  

月・・・月に一度の生理ですね



月のときにはそのときにしか味わえないことがあります




血・・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



私、血が滴るような生々しさに



めちゃめちゃ感じるんです・笑




かいさんもじゃないかな



心と躯の繋がりをとても大事にするSM




同時に2人とも



グロテスクが大好き~( ̄▽+ ̄*)




「かいさん・・・血がぁぁぁ」



「かき混ぜられたいかな。自分の拳ならいいよ。



拳でぐりぐりしながら埋めてみることだね



私の拳を想定して」




らじゃ



生理の時の血の滑りを利用して



自分のフィストを入れる




お風呂場で



まずは指一本から



入れようとするだけで



どんどん血が溢れてくる



うわぁ



堪らない~( ̄ー ̄)



こねこね こねこね



う・・・気持ちいい・笑



2本



さらに気持ちいい・笑



4本入れると指全体で膣の周り中の壁を感じられる



柔らかくて温かい



ぐにょぐにょした内臓みたい



5本からはきつい



かいさんとの時を思い出し



深い呼吸にあわせて入れていく




一旦指を抜き



今度はグーにして親指側からいれようとする



息を吐いたときにぐっと入れる感覚



でももうこれ以上手が届かなくてGIVE UP




呼吸合わせてやってると



2人でやってることっていう印象が強い



受け入れたい気持ちいっぱいなのに



入れられないもどかしさ




手首までは入らなかったけど



ぐっと入るとき



包み込まれるような感じ



それは手だけじゃなく



なんだかすべてがすっぽりと包まれるような



そんな感覚




かいさんとのとき



いっぱいで壊れそうな感覚の中に



それでももっとぎちぎちに締まる躯の快感と



受け入れたい



すべてを丸ごと、戒さんを包み込みたいという



精神的に満たされた想いと



そんなに入れてはいけない場所に入れているという背徳と



そしてこれからは



かいさんが感じる感覚も一緒に感じることが出来る



それは2人だからできることなのです^^

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

ただいま おかえり  

出かけるときの「行って来ます」



帰ったときの「ただいま帰りました」



欠かせない言葉です




最初のころは何も言わず出かけて



「一体どこにいるやら・・・」



「いつ帰ったの?帰れてないの?」



と言われたものでした




行って来ます・・・ただいま帰りました・・・



私にしてみたら



いちいちそんなメールするなんて迷惑なんじゃ・・・



って思ってました。




が、出かけるときは大概何かしら仕込んでいたり・笑



指示されたことを実行する予定が入っていたり



それはちょっと人目が危険だったりすることもあったり



それも含めて、心配してくれてるんだぁって



とてもありがたく、うれしく感じます




かいさんも同じように



朝は「おはよう、行って来ます」



帰れば「帰り着きました」



それに対して「いってらっしゃい」「お帰りなさい」



同じように心配する私がいます



(特に飲んだ時は、ちゃんと帰れてるか心配~)




不思議なもので



同じ家に帰ってるわけじゃないのに



「ただいま」といえば、かいさんの側に帰ってきたような気がするし



「お帰りなさい」といえば、かいさんがそばに帰ってきてくれたような気になります




私の帰るところはここなんだ



ここでいいんだ、って思います


category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

文字でのまぐわい  

かいさんと話し始めたことからのメールの数は



おそらく3000は超えていると思います



約1年365日



メールがない日は今まで一日もありませんでした。



しかもそのどれもがかなりしっかりした内容で



ボリュームもあります。





内容はほとんどが指示されたことの実行の報告と



そこから膨らむ妄想を文字にしていきながら



開放させていき



今まで経験した状況やこれからの願望などを



いつのまにか膨らませるような内容へと変わり



(これはもちろんかいさんの言葉の中に

いろんなキーワードが盛り込まれるのですが)



目を瞑り、深く想いながらの妄想は



それ自体が2人の文字でのまぐわいでもあります。




最初のころは恥ずかしくて何も応えられなかった私も



かいさんの端麗な文章に・・・



(メールをそのままお見せできないのがとても残念なくらい



耽美的で生々しくて卑猥で圧倒的ででも上品なかいさんの世界なんですが・・・)



短い私の返事にも



深い洞察で応える戒さんに



私も何か書かなくては・・・と思いはじめ



少しずつ書けるようになっていった気がします




自分の感情やましてや願望や妄想



躯の変化などを真っ直ぐに言葉にするのは



自分を晒すこと



ましてやあんなすごい文章を書く人に向けて書く恥ずかしさ




それが「書いて応えたい」と思えたことで



知らずのうちに



心開くことに繋がっていったんだと思います。



もちろんそれもかいさんのやりかたです。




今ではなんとかメールで勃たせてやろう^^



どう責めたら(?)感じるか



私に挿れたくなるか・笑



今日も元気に過ごせるように



活力になるように



そう考えて、文字を綴り、画像を送ります。



(かいさんの場合は、心が入ってないとバレバレですから



ただ単にいやらしいだけではダメなのです・笑)




なかなか逢えない私たちですが



忙しい中での、メールのやり取りは



それそのものが相手の元気を想い



心と躯を遣う深い交わりなのです


category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 2

近くて遠い 遠くて近い  

前回逢ってから、2ヶ月が過ぎました



あっという間




6月にはこちらへ来ると言っていたのですが



かいさんの急な仕事の忙しさから



実現できなくなりました




フリーダの開催期間中に私があちらへ行くことになりましたが



またまた3ヶ月ぶりの逢瀬になりそうです・笑




三ヶ月に一度・・・・



割り切りで逢ってるわけじゃなく



日々の指示と実行で



必要以上にかいさんを求める心と躯になっている状態での三ヶ月は



自分の体内にかいさんを感じるくらいの近さと



それに比例して実際は居ない距離の遠さを



同時に痛感するわけで



近くを感じれば感じるほど



遠くを感じるという矛盾




そんな一度の逢瀬の重量感はかなりのものです



逢いたくてたまらなくて



逢える前から幸せで



逢えばその声、しぐさ・・・・すべてが愛しくて



別れる辛さは



それは逢う回数重ねるごとに



心臓を抉られる様です




それでもかいさんと・・・・と思うのは



想ってくれる気持ち



かいさんはいいます



「凜が飽きないように、指示の内容もいろいろ考えるよ。」




暇な人が暇つぶしにやってることじゃないんですよね



ほんとに毎日ご飯食べる暇もないくらい忙しい人が



帰りはいつも深夜な戒さんが



私が次の逢瀬まで淋しくないようにと考えてくれる気持ち



もちろん指示は感度を上げるため・・・

逢った時をさらによくするためのものではありますが・・・



一つの指示には必ずその後のフォローがセットです




私が感じるであろう指示を考え



私の反応を観察し



次の指示を考え



私からの報告の文章の端々と画像から



細かな背景や心理状態まで汲み取ることは



どれだけ労力がいることか



計り知れないと思います。





そんな行動が見えるから



ずっとずっと待てるんです



きっと半年でも一年でも待つんです


category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

他人の視線に犯されて  

先日部屋のエアコンを取り付けに電器屋さんが来た



普段私の部屋には



家の者は誰も入らない



私はかいさんからの指示のほとんどを



この部屋で実行してる




そんな場所に男の人が出入りする



まるでいつもそこでの厭らしいことを



覗かれてるような・・・・



厭らしいやつ・・・と上から下まで



じろじろと見られてるような




厭らしい姿を映す姿見には



まるでその痴態が今も映ってるかのように



恥ずかしい




クローゼットには様々な道具



ばれちゃうんじゃないか・・・



んなわけないのにね




部屋で話してると



そのまま犯されるんじゃないかって怖さが湧いてくる




うちに最近出入りする業者の配送のおじさんが



じろじろを舐めるように



私を見る



これはホント・笑



デニムの短パン姿の



腰から下・・・足にかけてを



しゃべりながらずっと見てる



以前ならなんてことなかったのに



今はすごく恥ずかしい



アナルのプラグも



ついさっきアナルに張り型を入れて貪っていたことも



すべて知ってますよって目で見られてるみたいだ





category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

スーパー駐車場で  

スーパー駐車場に車止める

後ろをスーパーの正面向け

前が道路

私は後部座席で後ろ向き

私からは

スーパーに出入りする人たちが見える

夏のサービスエリアで会ったときみたいに

ヘッドレストに掴まり

かいさんに跨る


アナルに入る

太い張り型

う…

気持ちいい

ドア一枚の外

見える景色は日常で

中では

下着脱ぎ

丸出しの下半身

アナルに感じ

上下に腰動かし

貪る私


すぐ近くも人が通る

外からは見えないとわかっていても
ドキドキは増すばかり

見られたくない?

いや

2人なら見られたい

2人で他人を挑発してやりたい


夏よりも視野が広がってる

目の前しか見えなかったあの頃は

ただ恥ずかしいだけ

今はいろんなことが

頭に浮かぶ


恥ずかしいほどに

いけない事なほどに

陶酔のスイッチが入る


外を見据えながら

欲望の下半身

かいさんと一つになる

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

マイブーム  

オムツ・浣腸・アナル



今の私が一番感じるもの(*/∇\*)




そのどれも



かいさんと出会うまでは



「まさか。私が・・・」



あるいは



頭の片隅にもなかったものばかり




オムツって一体何ぃぃぃ??



初めてかいさんに指示されたとき



はぁ?って感じだった・笑



それが病みつき・笑




浣腸だってあり得ない!!!



でも浣腸の後の敏感さ



追い込まれ感



排泄の時の全部晒けだせる開放



すべてを委ね見てくれる人がいる安心感



精神的にも躯的にも満たされる




アナルは今は



膣と同じ感覚



膣より精神的に受け入れる度合いが大きく



心からかいさんを受け入れてる感じが強い




まさか私が・・・・



今まで知らなかったたくさんの快感



心と躯が連動した快感



それを教えてくれたのが



かいさんだってことが



とてもとても嬉しいんです^^





category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

愛した・描いた・生きた  

メキシコ女流画家「フリーダ・カーロ」


子供のころにバスの事故で瀕死の重症を負い


その生涯を通じて躯と心の痛みと戦う


その事故がきっかけで


絵画に才能を開花させ


のちに同じく有名な画家のリベラと結婚


リベラの度重なる浮気に悩まされながらも


自ら奔放に生き


何より生きることに情熱を傾ける






かいさんが膨大なDVDを見ていて


その中で、私が好きそうなものを


いくつか選んでくれたなかの一つが


「フリーダ・カーロ」でした


そのDVDで初めてフリーダを知りました




かいさんがある日のメールで


フリーダの展覧会あるみたいだけど


中間地点でやらないかなぁ


って言ってくれたので


その後調べていたのですが


昨日みつけました~






メキシコ展の一環としてのメキシコ絵画展なのですが


夫リベラの作品もあるようで


ぜひ見に行きたいなと思ってます^^




かいさんと大好きな画家の画を見れる・・・


浮かべただけで


涙が出そう・笑




一緒に、同時に感動を共有できる嬉しさ


遠く離れてるので「ちょっとデート」とか「食事しよ」


みたいなことはできなくて


感動した出来事があれば


メールで事細かに書いて送り


それについて情報を集め


またやりとりする


いつもそうやって共有している






普通にデート


食事デート


買い物デート


そんな普通のことに


とても憧れるんですよね^^




開催期間中に行ける様に


なんとかせねば


category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

そのままで  

動かずに

じっとしていて


そのままを感じたい


20090606171139.jpg

category: 言霊 凜

tb: 0   cm: 0

隙間のメール  

ちょっと日常など書いてみよかな^^



今までほとんど書いたことがないんですね。




朝はかいさんのおはようのメールで始まります^^

お互い寝落ちして返せなかったメールを

いくつか返信します



私たちは携帯メールだけがコミュニケーションの手段なので

引用返信がどんどん続くと

一つがとてもつもなく長いメールになり

返事を考えて書くのに30分くらいかかることもしばしば



その後は仕事の都合にもよりますが

昼・夕方、そして夜



こんなペースですが

かいさん、今週は毎日出張と毎晩の飲み



それでも

メールはなかなか返せないけど

熱いメール待ってます

って言ってくれるところが憎いところ



でもやはり、いつもよりぱったりと少ないメール

いつもある「ただいま」のメールもない

とっても淋しい凜ちゃんです



でも淋しがってばかりはいられません。

しっかりと実行して

萌えさせなければ^^



いつもとは違うリズムの毎日のなかで

合間を見てくれるメール

なんとも嬉しい限りです

そして

深夜に光る着信ライト



「凜は寝たかな?ヽ(^ ^)トントントン」



なんてメールを見たあかつきにゃ~

もうヒクヒクヌレヌレです・爆

幸せに濡れるっていいですねぇ^^



いや

どんなメールも・・・・存在を感じること自体で

ヒクヒクになっちゃいます (*v.v)。

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

魚心あれば  

疑い始めたら

その人の言葉はすべて

疑いの眼差しで見てしまう

相手のこと

自分自身のこと

本当のことが見えなくなってしまう


信じれば

その人を信じれば

すべての言葉が本当になる


誰を信じるか

何を信じるか

信じたものはとことん信じる

信じる・・は言葉が正しいか正しくないか

ではないと思う




誰を信じるかがすべて


信じた先にはとても大切なものがあるように思います。











category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

言葉と視線  

かいさんはいわゆる「玩具」は使いません。



拘束するための道具などは使います。



今鍛錬で使っている張り型や双頭は

イメージしやすくするためと

双頭などはグロテスクな虫や蛇に犯されるといった

感覚を植えつけるため



必要以上の刺激を与えません



かいさんの艶やかな言葉や文字と視線と指



これらに躯の各器官を2人で観察し意識を高め

2人共有する感覚を身につける



自分の中に入るかいさん

自分の気持ちよさと同時に

かいさんの気持ちよさも感じたい



羞恥や背徳、屈辱、

すべてを委ねる安心感なのど感情

それらをすべて連動することで

陶酔のなかで逝くことができます



肌に触れただけで

声を聴いただけで

想うだけで

逝ける心と躯



こんなに逢えなくて、可能なんだろうか・・・

こんなに離れてるからこそ

できることでもあると思います^^



深い魂の繋がり

一心同体になりたいです



category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

我慢の快感  

イベントがあり一日体育館



かいさんからは縄ブラと股縄

浣腸の指示



目立たない服を選ぶとはいえ

背中に触れられれば

ブラじゃないものを身につけてるのがわかる



しぼられた胸の先端は

見方により服の上からもその形がわかる



ついつい隠すように居てしまう



視線に感じ

縄に作った瘤があたる栗が

さらにちりちりと感じ

濡らしてゆく



ころあいを見てトイレへ

何度やっても浣腸はドキドキ

人が来るかも

聴かれるかも

怪しまれるかも



浣腸をして我慢の間

縄が邪魔なことに気付き

大慌てで縄を解く

大変大変

間に合わなかったらどうしよ (ノ_・。)



火事場のバカ力・笑

すんごい速さ・笑



我慢の間に指示のあった

オマンコをぎゅっと締める



するともともと便意を我慢してるだけで

いつもよりぎゅってなってるのが

さらにさらにぎゅうっとなり

しかも自分が思ってる以上に

ぎゅーーーーーってなり

クラクラするくらい気持ちがいい



そして緩める

すると気持ちよさは全身を穏やかに包むような感覚

またぎゅーーーっとすると

オマンコに集中



人が来るかもしれないドキドキも

逃げたいくらいな恥ずかしさなのに

大きな快感にもなる



いや我慢は辛い

すぐにでも排泄してしまいたい

それなのに同時に気持ちよく

前がヒクつき欲しくて堪らない

そんな複雑な入り乱れた気持ちを反映するかのように

頭の中もぐるぐるに渦巻いていく



私は浣腸が好きなんだろうか・・・

て思ったら

すごく情けなく

心細く

かいさんに側に居て欲しくてしょうがなかった



排泄時には乳首をぎゅっとする

今まで散々ギューーーーってしていたオマンコが

急に緩む快感と

乳首が子宮に届ける快感で

一気に逝きそうになる

気持ちよさに連動する尿道口

おしっこも・・・・



ウンチそのものがアナルを通る擦れもまた気持ちいい




かいさんに報告後



「お腹すいた」



「りヽ(^ ^)

食べたらまたできるね。たんとお食べ」



えΣ(゚д゚;)

またするの?

はい、やりますやります

きっと意味がある



そしてそんな指示されること自体が

どんどん躯を感じさせていく



浣腸・アナルが好きな私

いつの間にかアナルも柔らかく受け入れやすくなっている

そんな心が躯が厭らしく

誇りでもある


category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

狭い場所・汚い場所  

オフィスから階下へ降り

タバコを吸いに出た



ビル陰になる階段の下へ近づいていくと

その階段下には

私とかいさんの姿が映る



かいさんに犯される私



投影された幻に陶酔し

吸い寄せられるように

その場所へ



躯の内側からざわざわと湧き上がる

角にピッタリと身を寄せ

通路に振り返れば

目の前にはかいさんの姿



Tシャツをめくり上げ

下着の替わりに縄を身につけた肌を

露わにしていく

ひしゃげた胸の先端を

ぎゅっと潰されると



すでに溢れそうだった液体が

ツーッと足を伝う



人が来るかもしれない

恥ずかしい恥ずかしい



恥ずかしいほどにヒクつかせる私を

かいさんが見てる



濡らしてるくせに

厭らしい仔







誰か来るかもしれないところで

かいさんの視線感じながらの露出は堪りません



ほんとは居ないんですよ

でもね

背景を含めた私の写真の様子を見て

私の気持ちを私以上に観察し理解し

目線を与え、蔑み、焦らし

次の指示を与えてくれる



露出は・・・・

かいさんが居なければ

ただの変態行為

いや、居ても変態は変わりないけど

対象が不特定多数じゃなくて

かいさんだとそれは求められた行為になる




どうもそんな気分になる場所は

トイレや試着室、階段踊り場・・・

あとは逆に聖なる場所みたいな・・・・

教会や寺社を訪ねた時など・笑



先日はまだそんな陶酔起こるとは思ってないときに

何気なく洋服を選び試着室に入ると

急に逢ったときの野外や

狭い汚い場所での指示の実行が浮かび

かいさんに連れ込まれ

辱められ犯される妄想が止まず

薄いドア一枚隔てた場所で

人の声聞きながら

自分の厭らしさに「イケナイ・イケナイ」と・・・



イケナイと思えば思うほど感じ

でも逝ってはいけないので

その火照った躯・顔のまま

また普通に外へ出る



みんなが私がしてることを見ていたように思え

とても恥ずかしく

それを見るかいさんの目に濡れていく




とりあえず

狭い汚い場所には反応します・笑

とりあえず

かいさんとやってみたいのは

オフィス・トイレで声を殺しながら犯されること^^



いつ実現するかなぁ^^



category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

同じモノ  

指でアナル内部を探ってみる



左右は?前後は?



内部の広がりはまるで膣のよう

おなか側には感じるポイントがある



後ろ側奥には突き当たりが

奥を双頭や張り型で突けば

子宮が揺れる快感に似てる



極太の張り型を出し入れすれば

側面の壁はその凸凹の擦れが気持ちいい



アナルという特別な部位ではなく

膣と同じ器官がもう一つあるような気になり

排泄のためだけじゃない

感じても変じゃない

膣と同じように

存分に感じればいいんだ

っていう気持ちになり

その時はまるで

膣で感じてるような感覚になった



category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

私の趣味は・・・・  

私はとても多趣味です



目に付いたものはすべてやります・笑

そして結果を出します

結果を早く見たくてしょうがなくて

これができたらどんな気持ちになるのか

いまがんばるその先に何が見えるか

とても知りたくて

嵌っていきます



ひとつずつそこそこの結果を見ると

次へ行きます



もうキリがない・笑



でもきっとそれは

何かに夢中でいたかったんだと思います



命懸けるくらい夢中になれる

命燃やせる何かを

ずっとずっと探し続けていたんじゃないかと思います



数年前から週末起業家の真似事をしていますが

そこから私の人生は変わりました

夢中で走りました



そしてかいさんに出会いました



がんがん突き進む私ですが

こと恋愛に関してはとても臆病で

かいさんともとても強い絆を感じながらも

もし1人になったらのために

どこかで線引きをしていた



でもある日のやりとりがきっかけで

その壁は取り除かれてしまいました




私は夢中になれるものをみつけることができました^^

思う存分夢中になっていいそうです・笑



なので・・・・

私の趣味は

かいさんです^^



かいさんに嵌ってますo(^-^)o


category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

お尻の感覚  

かいさんは常々云う



「指示の意図をよく考えて、すべてに意味がある」



綿棒の次は双頭を挿れる

次は極太の張り型



少しずつ形を変えることで

脳に受けるイメージを変え

サイズを変えることで感覚を変え

細かい違いを感じるためなのです




他にも手の指を小指から順番に親指まで

アナルに入れて

その締まり方を観察




まずは双頭を左右前後にこねこね

なんとなくほどよく気持ちよく

やめるきっかけがなく

しばらくこねこね・笑



激しいだけが快感じゃないのね ( ;^_^A

反省・笑



出し入れする

呼吸にあわせ

息を吐くと緩み、ぐっと入る感じ

吸うと締まり、出る擦れが気持ちいい



それにあわせて出し入れすると

とても気持ちがいい



もう一つの目指す逝き方・・・・

呼吸で逝くってこゆことなんだな



かいさんはそんなところまでみてくれてるんだ

って思うと

すごく幸せな気持ちと同時に

大きな羞恥心も (〃∇〃)



何度かやるとおしっこしたくなる

後を刺激するのに、前が気持ちいい

前を刺激しても、後もヒクヒクなる

どっちがどっちなんだかごちゃごちゃになる・笑



おしっこの最中もアナルに入ってるせいで

尿道口の擦れがとても気持ちいい



一つ一つの器官を知ることで

気持ちよくなったときに

それぞれが独立して主張し始める



意識するだけで

人の躯はこんなにも変わっていく

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 2

玉響~再会~  

ゆらゆらと

揺れる髪

結いを解き

香りを撫でやる




吸い込む空気

凛として

瞳に映る

君想う







纏う空気泰然と


耳に残る


言葉繋ぐ




玉響な時


想う心



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




ブログの最初の記事になっている詩です


去年の今日


かいさんに初めて逢いました




初めて逢ったその場所に行くことはできなかったけど


目を瞑れば浮かびます




竹林と川のせせらぎ


楽しいお酒と2人の笑顔






そんなあの日の私に語りかけます




その人を離しちゃいけないよ


かけがえの無い存在になる人だから






運命・・・・なんて語るには


いろんなことを知りすぎている年頃ですが




一つの出会いを運命だと思える絆に変えてきたのは


2人の強い想いだったと思います


目の前に突然現れた出会いを


2人同時に引っ掴み突っ走った感じです・笑


(あ・・突っ走ったのは私だけ
かいさんはいつもおんなじ)




逢った回数は多いとはいえません


が、積み重ねた言葉、想いは膨大です




これからも呼び合う魂で在り続けたい


自らの熱い心で火傷しないように


させないように


穏やかに


深く


想い続けていけたらと思います


(いつも私が勝手に炎上・火傷・鎮火してますが、何か?)






ありがとう


これからも、末永く・・・









category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

綿棒遊び  

お風呂で・・・



綿棒にローションをつけて

一本ずつ入れていく



最初はすんなり入っていく

その様子も堪らないんですが・・・



9本目から少し痛みを感じる

息を大きく吸ったり吐いたり

吐いた時に入れるとまたすんなり入り始める



かいさんは私の呼吸までも見ていてくれるんだ

躍動するアナル・・・

丸見えなんだなぁ

う・・・恥ずかしい



だんだん少しずつおしっこしたくなる

20本からはっきりと尿意感じられ

どしよ

しちゃおかな

でしようとしたら

アナルが一気に緩み

綿棒が出ちゃいそうになるので

綿棒押さえながらおしっこする

綿棒や手にまでかかる

そのぐちゃぐちゃさがまたソソル



おしっこは・・・・気持ちいい・笑

お漏らし好きな私です (*v.v)。



アナルの気持ちよさ

アナルに入ってるせいで

尿道もほんわりと気持ちよく

おしっこ出れば

排尿自体の尿道に擦れる気持ちよさと

アナルの気持ちよさ



尿道は刺激しない側にあるのに

アナルの気持ちよさが

尿意に繋がるんだ

たくさん連動されていく



アナルで感じること

アナルから広がる感覚

それが理解できて次を加える

複合化させる



今はさほど快感に感じなくても

あとから付いてくる


category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

叱られた (ノ_・。)  

お尻に綿棒は摩擦が大きくて結構痛かったので

実は先週の課題だったのに

やらないでいた



痛ければまずは綿棒一本でお掃除から



と言われてたのに

ローションを付けたらすごく入りやすいことを発見すると

できることが嬉しくて楽しくて

どんどんやってみた

こんなに入ったよ~

って写真と文章



報告メールを読んだかいさんからは

かなり落胆のメールが返ってきた



嬉しいのもわかるし

見せたいのもわかるけど

尿道のときの少しずつ

じっくりと実行していった結果

知り得た連動は沁みてはいないの?

悪いけど、言いたいこと伝わってない?



うううう・・・ (ノ_・。)

嬉しかっただけなのにぃ



でも、そうなんですよ

少しずつ、注意深く観察するからこそわかる感覚

それを大切にして

2人で共有していくことを大事にしているのに

私ったら・・・



今までの指示を形を変えて

同じことの繰り返しで沁みこませていく

だから前回までの感覚を思い出し

積み重ねていかなくちゃいけない

新しいことをやっているわけじゃないんです



かいさんからは

罰をメール文字数分と言われ

今度はブチギレ

数えたら499文字



やったろうやないか

499回の乳首洗濯挟みの付けはずし



指示と実行は私たちの文字でのSEX

伝えたいことが伝わっている実感

感じて欲しいことを感じられる

だからこそ

いつも大事に丁寧にやりとりしてきたのに

すべたを台無しにしてしまったくらいのショックでした



例えばアナルに綿棒30本入った画像を送るのは

或いは、見たいと思うのは

伝わってるかの確認と

がんばってやったことの共有



エロい画像を見たいわけじゃないんですね



わかっていたことなのに

わかっていただけに

とてもショックで

涙涙に暮れる夜となりました



罰はその後

かいさんが40に減らしてくれましたが

私は断固として499回をやると



今、140回終了し

乳首はシャワーの水が流れても

異常に感じるようになり

なんだかラッキー・笑



残りは鞭で消化です


category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

今週のテーマ  

先々週のテーマは尿道



綿棒を一本ずつ入れていくことでの拡張と

尿道の刺激から

他のどういった連動が感じられるかの観察でした



尿道を刺激することで

もちろん尿意は感じるし

感じればそこでしちゃう



もちろんできる場所で

あるいはオムツ敷いてやりますよ



元々オムツでの人前での排尿で

おしっこが出ること自体での快感は

身についています



それをもっと意識することで

さらに連動させていきました



先週からはアナルです



同じように綿棒で・・・・やったのですが

摩擦が大きく、結構痛い

その後プラグ、双頭、大きな張り型へと進みます



今後

オマンコ、口、耳・・・・

一つずつ丹念に繰り返し繰り返し

開発・覚醒させていくそうです



category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。