両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

強さ  

誰かの言葉に

酷く傷つけられても

貴方だけは

わかってくれる


いい所だけじゃなく

悪い所も知って受けとめてくれるから

自分の生き方に

自信を持って

立って居られる
スポンサーサイト

category: 凜の独り言

tb: --   cm: 0

時雨心地 シグレゴコチ  

今朝ワクワク来た道を

戻る時間が近付いてくる


最終の電車に乗り込む

笑ってる顔を覚えていて欲しい

せっかく幸せな1日だったのだから


発車までの数分間

その間なら

笑っていられそうだから

category: 凜の独り言

tb: --   cm: 2

豊かな心  


かいさんとの

日帰り旅行気分


公園で一休み


枯れたように見える木も

春を待ち

芽吹く様子が窺える


華やかな花も葉もない

一見淋しそうな木は

花や葉に隠れていた

枝振りの美しさに気がつきます



まだ注連飾りが並ぶ街並みを歩き

お蕎麦屋さんで

お蕎麦屋と少しだけお酒を頂く


口に広がる豊かな恵み

かいさんと居ると

感覚が深くなる


離れていても

見るもの

聞くこと

ひとつひとつを丁寧に感じて

1日1日を大切に過ごすことが大事


かいさんにはいつも

物事の深さ=感じる心の深さ

を教わります

category: 逢瀬

tb: --   cm: 0

オブジェ  

縛られながら

モノになっていくよう

自分では身動きできず

貴方の意のままになっていく喜びを感じる


淡々と作業は続く

仰向けに寝転び

口には開口器

きっと酷い顔


開いた口の中に

無造作に極太の張り型や

きれいな色のアナル用スティックを

ねじ込まれ

置物のようにそこに有る私


胡座のように縛られ

腰には枕をあてがわれ

丸見え

ただの穴になる


すべてを見透かすようないつもの目で

じっと丸見えの陰部を

診ているのだろう


それだけで

溢れる汁

ヒクつく2つの穴


漏れる声

体温

さまざまな様子から

私の心を楽しんでいる


緩んだアナルは張り型で埋められる

パックリと開いた前穴には双頭を


何度も逝きそうになるたびに

「逝っちゃだめだよ」


言葉を発することはできず

ただ喘ぎか叫びかわからない声を
あげるしかない

category: 逢瀬

tb: --   cm: 0

声を殺して  

異常に興奮するフェラ

くわえながら息があがる


かいさんに招き入れられたここは

男性公衆トイレ



すぐそこに聞こえる声

ノックされビクビクするのも

すべて欲情の材料になる


やがて

オマンコや栗を

かいさんに擦るように擦り付ける


滴る汁が恥ずかしい

肩に顔をうずめ

しがみつき

声を殺す



こんな場所で…

こんなになって…

声聞こえるよ…


耳元で囁く声が

波動のように

芯に伝わる


何人も人の出入りがあり

何度もノックされる


殺す声も我慢できなくなり

洗い息が漏れるようになると

壁に手を付き

お尻を突き出し

アナルを犯される


手に触れる冷たいタイルは

しがみつくこともできず

だんだんと躯が落ちていく


支えるように持ち上げられ

そのころには

声を抑えることはできず


こんなに厭らしい私が

かいさんと一緒に此処に居るよ

とでも言いたいくらいに

喜んでいる

category: 逢瀬

tb: --   cm: 4

信頼  


私は

かいさんと出会って

割と早くから

かいさんを信じることが

できていたと思う


それは

私1人の信じる力だけではなく

信じさせてくれようとする

かいさんの努力があってこそ


信頼は2人で育むもの


言葉ではなく

行動で

かいさんはずっと

私を信頼させてくれてる


何の障害もないときは

信じるなんて簡単

だけど

試されるときはくるし

そのときがなければ

それは細い絆しか

育めない気がします


たった一度

前にした壁があったとき

信頼て意味が腑に落ちたとき


その時から

清々しく静かな心と

彩りを増した世の中を

手に入れました


人を心から信頼できた経験は

人生を変えていきます


負った傷は

忘れることはないけれど

逆に肥やしになっていくとわかるから

あらゆる場面で

勇気を以て

自分と

人と

向き合えるように

なっていく気がします


1月は2人生まれた月

先日2人でお祝いできました

プレゼントは

今までと変わらぬ信頼です

category: 凜の独り言

tb: --   cm: 8

マーキング  

極太の張り型を差し出し

跨り

ラビアで包み

前後に擦り付ける

私の匂いとヌルヌルを

べったりと付着させる


私の栗は

感じると小さなおちんちんみたいになる

かいさんは栗ちんぽて呼ぶ

かいさんについてるおちんちんと

親子みたい


「栗ちんぽとオマンコの入り口を

私のに擦り付けるんだよ」

うん


何度もわざと言うかいさん

おかげですっかり意識がアソコに


近々かいさんに逢える

逢える日まで

張り型へのマーキングは日課

ゆっくり擦り付けるような腰の動きを

ムビで送る


同じように感じてくれるかな

私の栗と同じように

かいさんのおちんちんも

勃起してくれたら

嬉しいな


逢ったら

かいさんのおちんちんに

ずっとすりすり


根元から先端まで

くまなくマーキング

全部私のもの


厭らしい腰使いも

恥ずかしがる顔も

困惑する顔も

みんな見てもらおう


かいさんが

いつも私に刻み込んでくれる想いに負けないように

category: 牝犬日記

tb: --   cm: 0

いつものように  


年末の数日から

家の掃除をしたり

年賀状作ったり

その合間に

かいさんにメールしたり

メールをもらったり


いつもと同じように

静かに時間が流れていきました


年が明けた今日も

おめでとうのメールと

いつもと同じように

メールの行き来


いつもと変わらない時間が

ただ少しだけゆっくりと

流れています


かいさんと迎える

三度目のお正月は

特別なことではなく

流れの中のひとこま

当たり前のように流れる時間が

むしろそばに居てくれる感じを増してくれます



明けましておめでとうございます


今年もゆっくりと

一つ一つを味わいながら

かいさんと歩いていきます


みなさまにとっても

豊かな一年になりますように

お祈りしています



category: 凜の独り言

tb: --   cm: 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。