両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

生やしたペニス  

かいさんとの逢瀬の日



名古屋での仕事を終え

東京へ向かう



かいさんの指示は



「新幹線で着用してきなさい。

縄ブラ

乳首に紐鈴

双頭チ○ポパンツ

着替えてから浣腸だ

新幹線で逝かないように

クス・・・・」



読んだだけで濡れ

ヒクつく膣



~訳~



胸を自縛

乳首は鈴つけた紐で結わく

双頭ディルドを挿入し

はみ出てる部分はおなか側に折る

でパンツを履く

その状態で浣腸



どれも過去にやったことあるものばかり

大丈夫だろう・・・多分・・・



段取り考える

週末の東京行き新幹線は

サラリーマンでいっぱい

そんな中、トイレにこもりあれこれとやらないといけない



たかが一泊なのに

荷物はゴロゴロにいっぱい

すべてかいさんと使うお道具ばかり

着替えは一着も入ってないし・笑

でもね、そんな荷物を引いて歩くのは

とても幸せ



大荷物をトイレに運ぶわけにはいかず

必要な荷物をすぐに出せるように

個別にバッグに入れる



新幹線に乗る

あ~窓際か・・・

しかも通路側の人、寝てるし・・・

いったん座っても席立たないといけないし

迷惑だな

でもやるしかないのだ



がさごそと荷物を仕分け

大変な迷惑・笑

タイミング見てトイレへ

いくつかトイレはあるので

一つくらいしばらく空かなくても大丈夫そう



大慌てでまずは自縛

慌てていても縛ることで敏感になる乳首が

ときどき擦れる手で刺激される



それ以前に

かいさんの指示でやってるていう行為が

すでに私を濡らす



乳首に紐を結わく

ずっと擦れてる

ずっと鈴が鳴る

鈴の音でどんどん濡れていく



息も絶え絶えといったところに

双頭を挿入

一気に快感が高まる



ずっとかいさんが視てる

厭らしい姿

自縛で感じ

乳首には厭らしい鈴の音

虫のようなグロテスクな双頭を膣に入れ

恥ずかしい姿を晒す私を

そしてそんな姿に逝きそうになる私を

ずっとかいさんは見てる



それぞれを都度写真に撮り

様子をメールで送り

共有していく



双頭を前に折り

パンツを履く

あぁこれが一番恥ずかしい

まるで男の人のように

私から生えたペニス

パンツくらいじゃ隠せない

きっとこの姿をかいさんの前に

晒すことになるんだろうな

そう思うと

恥ずかしさで泣きそうになる



スカートの上からは

まるで普通に見えるので

まだ安心



その状態での浣腸は

さすがに無理で

お許しを



席に戻る

座ると双頭がグッと奥に刺さる

声が出そうになる



隣りの人に

洋服の中身まで見透かされてるような

恥ずかしさ

その様子をかいさんが見てる



双頭は膣いっぱい

周期的に膣がギュッとなる

そのたびに感じる



もうすぐ東京駅



下りた駅のホームでもたくさんの羞恥が待っていた

関連記事

category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kairin0112.blog115.fc2.com/tb.php/118-a7bb9690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。