両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

恥ずかしすぎて  

ホテルに入り



「ちんちん姿、見せてごらん」



服を脱ぐ

胸に紅い縄

ひしゃげた胸

勃った乳首

恥ずかしい



でもここまではまだよかった



スカートを脱ぐ



あ・・・

もうダメ・・・・



恥ずかしい恥ずかしい



そこに居るのは

男性のペニスのように膨らんだ股間の私



ほんとにダメ

恥ずかしすぎる



「嫌・・・嫌・・・」



手で顔と股間を隠し

しゃがみこむ

立ってられないもの



泣きながら「お願い、ヤメテ」と言うけれど

そんなことでは許してはもらえない



鞭打たれる

なぜ拒否しないんだろう

恥ずかしいことも

鞭打たれることも



それは私がそうして欲しいから



恥ずかしさの極限の中にも

「見て欲しい」気持ちがある



厭らしい私も

汚い私も

恥ずかしい私も

すべてを見てもらいたい

包み隠さない私を

それでも凜がいいと言って欲しい



がんばって新幹線で実行したこと

褒めて欲しかった

共有したかった

応えたい私の気持ちを感じて欲しかった



そのまま双頭でおまんこを責められる

すでに恥ずかしさでトランス状態な私は

あっという間に逝きたくなる



グロテスクな虫に犯される私



「おいで」



かいさんの言葉でおかしくなりながら逝く




「自分で前と後に挿れてごらん」



以前、指示され双頭をU字に折り曲げ

前と後に入れて過ごしたことがあった



でも、挿れるところを見られるのは

とても恥ずかしい

なんどもやろうとするけど



「できない」



かいさんに入れてもらう

お尻突き出し

後ろから

そんな自分の姿に

またどうしようもなく感じる



アナルに入れる

こんなに太いのを

私のアナルは簡単に飲み込む

つるんと入るときの快感

奥に入ると

もうあえぎ声が止まらない



その後

前にもう片方を入れる

入れた瞬間

頭が真っ白に



気持ちいい

気持ちいい

もうどうにでもして欲しい

めちゃくちゃにしてほしい



本能のままに感じ喘ぐ私

ほんとはもっと奇麗な姿も見せたいのに

それでも体は悦んでる

厭らしい躯






関連記事

category: 逢瀬

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kairin0112.blog115.fc2.com/tb.php/120-a1c9185a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。