両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

内臓までも  

かいさんと私

2人とも器官としての躯にもとても興味がありまして

いつか解剖に立ち会うチャンスがないかと

窺っていました


灯台下暗しで

私の友人がそっち方面の仕事をしており

深夜1人だけの時なら

可能だというのです


注意としては

ご遺体に敬意を表すること

これは

仏様として・・・というよりは

その人それぞれの人生の背景をも含めた

その「個人」のすべてを愛する気持ちで臨めるなら

と言っていました


聞きながら

かいさんみたいな事言うなぁ・・・と

そして

そんなに深い想いで

向き合うことができるだろうか

という不安もわきました


さて

かいさんにこのことを話しました


「ほんとはかいさんと一緒に視たい」

「うん俺も見たいけど、俺はりんのが診たい。俺のも診せたい」

「うんわかる。同じ気持ち。」


診たいと言われるのはもちろんのこと

診せたいと思ってくれてることが

とてもとても嬉しく感じました


私のすべてを視て欲しい

かいさんのすべてが視たい



病気でもないのに

この腹部を割き

また閉じてくれるようなお医者様がいたら

そうしたいくらいです


どんな言葉より嬉しく感じた私は

やはり変態なのだと実感した場面でもありました



関連記事

category: 凜の独り言

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kairin0112.blog115.fc2.com/tb.php/225-cfb224e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。