両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

飴と鞭  

「部屋を暖めて、全裸でいなさい」


あ・・もうダメ・・・・

経血が流れ出るように

一気に溢れる


ホテルの一室で1人全裸になる

ベッドに寝転び軽く手で触れれば

すでに糸引く厭らしい水


横を向けば

ちょうど顔だけ映る鏡


そこにいるのは

あの人を待つ赤い首輪をした牝犬


濡らし

勃たせ

紅く染まった躯


鏡に映る姿をうっとりと眺める

あの人の躯

愛しい躯


次の指示を待つ


「縄跳びの持ち手を埋めなさい

ぐちゅぐちゅ動かしながら歩き

まずは私の犬姿を撮影

電気消し

窓とカーテンの隙間へ

外眺め

片足を上げ

持ち手でかき混ぜ」


文字見ただけで

いや・・着信だけでも感じるくらい


読んで実行

あの人の指示を実行しているということ自体が

脳を躯を欲情させる


こんなところでこんなかっこうで

こんなことして感じてる

厭らしい私をあの人に視られてる恥ずかしさ


部屋は5階

下には大通り

人影はまばらなものの

人通りはある


真っ暗にした部屋の窓際で

片足を上げ

持ち手を忘れたのでムースに替え

挿れてかき混ぜる


瞬間逝きそうになるが

逝ってはいけない指示


「逝きそうになれば鞭を

20回は繰り返せるね」


人が通るたび

こちらを見ている気がして

影に隠れ

またかき混ぜる


見上げれば私の姿は

うっすらと見えるんじゃないだろうか

そんな恥ずかしさが

さらに濡らしていく


そしてその姿をあの人が視ている


何度も逝きそうになり

その度に鞭を打ち

自分で打つとヒットしにくいので

その中途半端さがもどかしい

もっと痛みが欲しかった

あの人の鞭が欲しかった


何度か繰り返すうち

痛みが積み重なり

どんどん膣が締まっていく

ムースでキチキチなところを

さらにキツク締め付けていく


自分で鞭打ち感じる私


自分で打っていても

痕が欲しい

どうしても躊躇してしまい

なかなか残りそうな痕にならない

もっともっと・・・・

思いがけずヒットした時

声が漏れる

隣りに聞こえたら・・・・

そんな羞恥もまた濡らす

いけない仔


白いものが足を伝う

何度も逝きそうなのを我慢し

硬くつめたいムースボトルじゃなく

あの人のペニスが

欲しくてたまらなくなる


ここには居ない


それでも膣はあの人を感じてヒクついている


ここで時間切れ


翌日へと繋がる指示は・・・・

「紙おむつを履いて寝なさい」



















関連記事

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kairin0112.blog115.fc2.com/tb.php/24-fd2d8ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。