両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鈴の音  

ラビアピアスをして欲しいと

先日からリクエスト


「2人で進めて得た結果

大きな意味では今までと同じ。

凜の悦びに繋がるなら」


と快諾してくれました。


なぜラビアピアスしたっかんだろう


所有物の証が欲しいわけじゃない

あの人を縛りたいわけじゃない

そこに拠り所を求めたいわけじゃない


どちらかといえば

逆に

約束や責任に囚われず

「居たいから一緒にいる」

「自然とそう在る」

状態に憧れてる


きっかけになった気持ちは

まずは好奇心

痛み系なことに対する好奇心

なんか素敵だな~程度の好奇心


そして、経験の共有

これまで経験したことないことを

2人で経験できたらいいなぁ

くらいな感じ


そんな中、あの人が

「慎重さと責任を持って」と言ってくれたのが

とてもうれしかった。


さて

当日はピアスの用意間に合わず

お試しで(?)安全ピンに鈴をつけて

刺してみることにした。


こっちの方が過激かもしれない・笑


全然平気~と思っていたのに

いざその時になると

ものすごく怖い(。>0<。)


お股広げて

あられもない格好なんだけど

そんな事どうでもいいし


「怖い怖い怖い怖い~~~」


とシーツを力いっぱい握り締めた


チク・・・


「きゃ~~~~痛いぃぃ」

(実はそんなに痛くはなかった・笑

でも、恐怖で痛み倍増くらい)


挙句に刺してる最中のあの人の手を

無理やり退けようと

手で押さえる


「危ない!終わったから」


ふぇ・・・(ノ_・。)

あり?もう??

そんなに痛くないや・笑


「ぢゃ、もう片方ね」


「へ?? ( ;^_^A 」


ま、あんま痛くなかったしやっときますか

で、もう片方も


またまた怖い

シーツにしがみつく


チク


「きゃ~~~~!イタイイタイイタイ」


今度はほんとに痛かった(´□`。)



怖さと痛みで弱気になり

そこにピンがついてる厭らしさ

所有物になった気がしてるところに

躯を押し開くようにペニスが入ってくる


無理やりじゃないんだけど

無理やりみたいに


怖さに耐えるのに力出しつくし

空っぽになってる躯が

あの人でいっぱいになっていく感覚


心細いのに乱暴に犯されるように

逆に空っぽの私を包むように


なんて言っていいか今でもわからない

征服された感じ


その後ノーパンでチェックアウト

歩くたびリンリンと鳴り

その音が恥ずかしかったり

誇らしかったり


鳴るたびに子供みたいにうれしくて

顔がほころぶ


気になって歩きにくくて

一生懸命あの人について行く

そしてまたリンリンと鳴る音



やる前に想像していた気持ちを

はるかに超える充足感


泣けるほどうれしかった



施術する側もきっととても怖いと思う

妙な責任を負わせてしまったなと思った

それでも快く施してくれた気持ちに

とてもとても感謝してます


素材的に長くはつけていられなかったので

今は外して

その日その日の洋服のどこかに着けてます。


リンリンとなる音は

感覚を直接刺激し

瞬時に付けてもらった直後の

幸せな気持ちで包んでくれる


ラビアに着けていたピンを

見えるところに着けることで

なんだかプチ露出みたいな効果もあったり・笑


「これ何?」って聞かれ

「お守りみたいなものかな」って答える私


ありがとう











関連記事

category: 牝犬日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kairin0112.blog115.fc2.com/tb.php/35-990e79b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。