両岸の2人 ~シンクロ~

目を瞑り見える世界で心を繋ぐ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

初恋  




まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり


やさしく白き手をのべて

林檎をわれにあたへしは

薄紅の秋の実に

人こひ初めしはじめなり


わがこゝろなきためいきの

その髪の毛にかゝるとき

たのしき恋の盃を

君が情に酌みしかな


林檎畑の樹の下に

おのづからなる細道は

誰が踏みそめしかたみぞと

問ひたまふこそこひしけれ


島崎藤村 初恋


あまりにも有名だけど

とても好きな詩

冒頭部分が特に好きで

一瞬にしてフレッシュな空気感に包まれる


自然にできた

踏み固められた細道

貴方が通ったから

できた道


私たちも少しずつ

踏み固めてきた


遠く離れた距離と

合いにくい時間の中で

少しずつ少しずつ踏み固めてきた


そうしてできた細道を

私はかいさんへと向かっていた
関連記事

category: 逢瀬

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。